<<  main  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

懇親会
能楽講座を終え、アン・チウン先生が手配してくださったお店で打ち上げを兼ねた、懇親会を行いました。アン先生のゼミ生に加え、パンソリのぺ・イルドン先生、ゼミの卒業生なども加えて、大いに盛り上がりました。
片言の韓国語、日本語、英語を総動員して、なんとかコミュニケーションをとります。野菜中心の健康的な食事をいただきながら互いの文化や、能楽について、韓国の食事についてなどなど、いろんな話に花が咲いていました。
080810-12
なんと言っても、能楽講師の宇高竜成さんは人気の的。(まだ20代の若者と言う事もあるのでしょうが)女子大生に次々に囲まれて、一緒に写真を撮ったり、質問を受けたりと休まる暇もないほどでした。

 ところで、1年生という若者達は、さすが儒教の国。年少者としてせっせと配膳を手伝います。あどけなさが残る若者は「来年は兵役なんだ・・・」と顔を曇らせました。このごろはファッションも似ていて、黙っていたら日本人か韓国人かわかりませんが、そうした微妙な違いに両国の若者のの違いを見た気がしました。
080810-11
080810-10
このお店をでると、「2次会に行こう!」の空気。日本なら間違いなくタクシーに乗るような距離を、「歩いてゆくよね」というかんじで、どんどん歩いてしまいます。そういえば昨年ゼミで京都に来たときも、宿から劇場まで1時間かけて歩いて来てたよな・・・。このあたりも同世代の日本の若者達とは違うよな・・・。と感じつつ、二次会へ。
夜遅くまで、マッコリとソジュをいただきました。
そして大いに盛り上がって無事ソウル編を終了し、翌朝日本の各地に向けて帰国の途につきました。
スポンサーサイト
Comment








Trackback