<<  main  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

京都編レポート
日韓共同ゼミ2008の京都編が始まりました。
この事業は2006年の6月、韓国湖西大学演劇科のアン・チウン先生が第5回アトリエ劇研演劇祭に来られた事をきっかけにスタートしました。2007年1月には当劇場に韓国の学生が自費で訪れ、自分たちの作品を上演しました。2年目となった昨年は日韓文化交流基金さんの助成を経て、京都の学生が韓国に、韓国の学生が京都を訪れるという交換形式の交流になりました。そして、3年目となった本年は、交流のテーマを「両国の古典芸能」とし、韓国で能楽のワークショップを。そして、京都でパンソリのワークショップを行い、そこに両国の学生や一般の方が参加すると言う形式となりました。
8月7日〜11日に日本の参加者および講師がソウルを訪問し現地の学生、一般の方、俳優さんら多数と共に能楽のワークショップ、ディスカッションを行いました。そして8月22日〜24日には韓国の学生とパンソリの先生一行が京都を訪れ、京都の学生や一般の方と共にパンソリのワークショップを行いました。
初日には、両国の古典芸能について学び、語り合う場を設け、韓国湖西大学演劇学科のアン・チウン先生による講演
京都編0822
ソウルでワークショップをしていただいた能楽師の宇高さんによる能楽についてのお話とデモンストレーション
京都編0822−2
080822-4
べ・イルドン先生によるパンソリの歴史などのお話を伺いました。
京都編0822−4
京都編0822−3
 韓国から来日した6名の学生さんと日本から参加した現代演劇を学ぶ12名とパンソリを学んでいる2名は、最初は互いに言葉も通じず固い感じでしたが、徐々に緊張もほぐれ熱心に講座に聞き入っていました。
京都編0822−5
 
スポンサーサイト
Comment
管理者の承認待ちコメントです。
Posted by: - |at: 2009/05/09 4:34 AM
管理者の承認待ちコメントです。
Posted by: - |at: 2009/05/24 6:10 AM
管理者の承認待ちコメントです。
Posted by: - |at: 2009/05/25 11:25 AM
管理者の承認待ちコメントです。
Posted by: - |at: 2009/06/28 3:55 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Posted by: - |at: 2010/01/17 2:02 AM
管理者の承認待ちコメントです。
Posted by: - |at: 2010/02/13 4:08 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Posted by: - |at: 2010/07/09 10:35 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Posted by: - |at: 2010/10/03 7:27 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Posted by: - |at: 2011/01/08 12:09 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Posted by: - |at: 2011/01/14 4:35 AM
管理者の承認待ちコメントです。
Posted by: - |at: 2011/08/27 10:03 AM








Trackback